• ホーム
  • アフィリエイトサイトを中古ドメインで作ろう!

アフィリエイトサイトを中古ドメインで作ろう!

お金を出している女性

アフィリエイトサイトを作るとき、ぜひおすすめしたいのが中古ドメインを使う事です。
中古ドメインとはその名の通り、過去にどこかで使われていたドメインです。ちなみに新しく取得するドメインを新規ドメインといいます。また、別名称ではオールドドメインともいいます。

この中古ドメインの効果のひとつがSEO効果です。アフィリエイトサイトを開くとき、新規ドメインの場合は集客がしにくいケースがかなりあるのです。ですが、中古ドメインになると検索サイトからの流入がある程度期待できるので、SEO対策が少々楽になるでしょう。

もう一つは中古ドメインの検索順位をそのまま引き継げるという事です。
中古ドメインは過去にサイト運営がなされており、様々なSEO効果を持っているドメインが多いのです。このため、オールドドメインの場合は少々メリットがあることも少なくありません。

また、引き継げるのは検索順位だけではなく、検索サイト内の評価も引き継げます。
その検索サイト内の評価がどのくらいあるかという事が、そのままその次のサイトにも適用されます。

そしてインデックススピードにも影響を及ぼします。
インデックススピードとは検索サイトに登録されるスピードのことで、このスピードが早ければ早いほどSEO的に有利で、メリットがあるとされています。新しいページを作ったらいち早く反映させ、なおかつ良い順位で掲載される可能性もあります。

このため、質が良いドメインの場合はそのまま良い影響を受け付けられます。ドメインパワーがあり、ある程度良い質のものはそのまま良い影響を続け、良い効果をもたらしてくれるのです。

その一方で、オールドドメインならではのデメリットもあります。
ひとつはその中古ドメインのドメインパワーがそのまま引き継がれるのです。この時、悪いドメインや質が低いとされるドメインの場合、インデックススピードが遅くなったり検索順位で下位に表示される可能性があります。
最悪、ペナルティを受けたようなドメインであれば最初から検索順位外になる可能性もあるでしょう。

もう一つのデメリットは、新規ドメインよりも取得に費用がかかる傾向がある、という事です。
特に良質なものほど、購入に費用がかかります。

このようなメリットやデメリットがあるため、ある程度リスクはあるでしょう。ただ、最近の中古ドメイン市場ではある程度そのドメインの質や価値がどのくらいか、という事を評価してから販売するため、質の低い中古ドメインを手にしてしまう可能性は少なくなります。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索