• ホーム
  • AdSenseとアフィリエイトを併用してサイトを運用しよう!

AdSenseとアフィリエイトを併用してサイトを運用しよう!

アフィリエイトを行いたい場合、ASPとAdsenseを使って上手にサイト収益を狙うのが最も王道のやり方です。
この二つはどういう違いがあるのでしょうか。

まず、アフィリエイトの中でも王道なのがAdSenseです。
AdSenseとはGoogleが提供するサービスのひとつで、いろいろなサイトに取り入れられています。サイト内に広告を掲載してその広告がクリックされることによって収益が出るタイプのもので、比較的単価が安めですが、アクセスさえしっかり稼げれば収益を得られるのです。

メリットとしてはただ広告を掲載するスペースだけでよいので、初期にちょっと手間がかかるだけで、あとは何か手間をかける必要がありません。広告は自動で選定されるため、手間がかからないのです。
その一方でデメリットとしては、意図しないような広告が出る場合もあります。場合によってはライバルサイトへの導線になったり、セクシャルなコンテンツなどへのアクセスになりかねないので注意しておきましょう。

もうひとつは成果報酬型のアフィリエイトです。
こちらはASPと呼ばれる様々なアフィリエイトサービスを行うサービスに登録し、サイトを登録してそこに掲載される広告を張り付けます。その広告から申し込みや商品購入など、何らかの動きがあれば成果報酬として広告収入が得られるというスタイルです。

こちらは自分で掲載する広告が選べるのがメリットです。場所や内容を選べるため、あまりにおかしい広告が掲載されることはありません。また、高単価のものになると数万円を簡単に稼げる場合もあります。
その一方で、必ずしも良い広告があるとは限りません。また、広告収入が必ずいつもあるとは限らない上、商材を自分で選ぶ必要があるなどデメリットもあります。

クリック型と成果報酬型の場合、どちらも併用しているアフィリエイトサイトは少なくありません。ですが、それぞれの違いを意識して広告を掲載しないと、使い分けが難しくなることが多いでしょう。
それぞれの方針や内容はかなり違いますが、両方利用することも可能です。当然いろいろなアフィリエイトサイトで多くの商品が掲載されているので、自分にとって良い商品だけを掲載したい場合はASPに登録してサイト運営を行いましょう。
一方で、アクセスだけが多い雑記ブログなど特定のものを宣伝しづらい場合は、AdSenseだけで収益化することも可能です。ただ、やはり両方掲載した方が効率よく稼げるでしょう。